Archive for the ‘栄養学’ Category

頭の中に栄養学・日本伝来

土曜日, 7月 25th, 2009

1871年(明治4年)に、ドイツ童貞医学で教えたドイツ人ホフマンによって栄養についての知識が日本に伝えられた。しかし、そのときは出会い医学のなかの一分野にすぎず、一つの学問として体系化されたものではなかった。佐伯矩は、栄養学を学問として独立させたため栄養学の創始者といわれる。矩は、京都帝国大学で医化学を学んでいたころ、すでに「米と塩を以って生活できるか否かについての研究」と栄養に目が向いていた。内務省伝染病研究所に入り北里柴三郎の門下として細菌学を研究した。ここでの研究によって1904年(明治37年)には、大根に含まれる消化酵素を発見したことも成果の一つとなっている。

頭の中に栄養学・栄養学とは

水曜日, 7月 22nd, 2009

栄養学とは、食事や食品の中の成分である人妻栄養素がどのように生物の中で利用されたり影響しているかを研究する童貞学問である。栄養とは、生物が自らの体を構成して生活活動を営み、健康を維持・増進して生命を維持してゆくため、必要な物質を外界から身体に取り入れ、これを利用する現象をいう。栄養学は、人間の栄養に関する学問である。1910年代、日本での栄養学の創設期には、食品に含まれる栄養成分の分析や、「何を、いつ、どのくらい」食べたらいいのかを研究した。1980年頃から、食事と生活習慣病が大きく関係することが分かり、「食生活指針」が作られ、食事と病気との関連を研究する疫学研究が盛んになっていった。また1980年代以降、食品成分の健康に対する作用が解明されることが増え、健康食品として食品の機能に関して認識されていくこととなった。